September 08, 2012 TOPICS

国際フロンティア産業メッセ2012に出展しました

2012年9月6日(木)~7日(金)の2日間、当社は神戸国際展示場2号館で開催された『国際フロンティア産業メッセ2012』に出展しました。

本メッセでは、設備への影響が軽微でかつ低コストが魅力の”微小試験片による効率的な余寿命評価”の紹介をメインテーマにしました。 ①試料採取、②微小試験片加工、③微小試験機器開発、④余寿命評価を説明したパネル展示に加え、設備から試料を採取する放電サンプリング装置やミニチュアサイズクリープ試験機の実機を展示しました。

7日にはプレゼンテーションコーナーBにおいて『放電サンプリング装置による現地試料採取・摘出工事』という題目で、具体的な工事手法等について20分程度のプレゼンを行いました。これを受けて、多くのブース訪問者から説明を求められ、本テーマのニーズの高さを痛感しました。

最後に。ご多忙の中、当社ブースをご訪問いただいた皆様、誠にありがとうございました。皆様のご厚情を持ちまして好評のうちに閉会することができました。重ねて厚く御礼申し上げます。

弊社出展F-05ブース
当社出展F-05ブース
ブース訪問者への説明及び質疑応答  弊社機器事業部 三木 優理 社員による プレゼンテーション
ブース訪問者への説明及び質疑応答 機器事業部 三木社員による プレゼンテーション
PAGE TOP