October 20, 2006 TOPICS

創立60周年オープンセミナーを開催いたしました

ご挨拶

私ども神戸工業試験場グループは、来年度、創立60周年を迎えることとなりました。

現在を迎えることができたのも、当社を信頼していただき、材料試験という業務とこれに携わる私どもに対し深いご理解と機会、環境を与えていただいた皆様のご指導ご支援の賜物と深く感謝いたします。

今後、材料試験の重要性、役割責任の重さが、益々増すものと実感しております。60周年を機に一層努力を尽くしますので、今後ともご指導ご鞭撻いただきますようよろしくお願い申し上げます。

さて、去る2006年10月17日に60周年に先立ちまして、下記オープンセミナーを開催いたしました。お陰さまで国内外から多数の皆様にご参加いただき、盛況に終わることができました。厚く御礼申し上げます。なお、オープンセミナーは今回で4回目となりました。引き続き心を新たにし、更に有意義な情報発信の場、意見交換の場を提供できるよう企画してまいります。その節も何卒よろしくご協力とご指導の程お願いいたします。

第4回KMTLオープンセミナー
【概要】

「疲労研究の最前線」

多軸、水素の影響、高温をテーマに、其界の権威である米国イリノイ大学ダレル.F.ソシエ名誉教授に基調講演をいただくとともに、九州大学副学長村上敬宣教授並びに立命館大学坂根政男教授から講演を賜りました。

【セミナー内容】
日 時:  平成18年10月17日(火) 13:00~17:30
会 場:  川崎市産業振興会館 1Fホール
テーマ: 「疲労研究の最前線」 -多軸、水素の影響、高温-

●基調講演
「Development of Strain Based Multiaxial Fatigue Theories」 sosie2
ダレル.F.ソシエ名誉教授

(米国イリノイ大学 理工学部 名誉教授 工学博士)

●講演
「疲労強度に及ぼす水素の影響」 kyuu2
村上敬宜教授

(九州大学 副学長 工学研究院 教授 工学博士)

 「多軸クリープ疲労寿命評価」   sakane2
 坂根政男教授

(立命館大学 理工学部 機械工学科 教授 工学博士)

 「KMTLの疲労試験への取り組み」   murata2
 村田欣三

(㈱神戸工業試験場 茨城事業所 所長 工学博士)

PAGE TOP