June 01, 2016 NEW TECH

電力中央研究所殿から大型試験設備の製作を受注しました

 2016年4月、一般財団法人電力中央研究所殿より「火力給水処理試験設備」の製作を受注しました。

 本試験設備は、火力発電プラントの水・蒸気系における腐食損傷の原因究明に用いられます。現在使われているヒドラジンに代わる腐食対策技術の開発を目指して、電力中央研究所殿が導入を進めていらっしゃいます。

 電気新聞(2016年4月28日付7面)に掲載された記事でも、電力中央研究所 藤波専務理事が本件に言及されるなど、同所内でも注目度の高い研究であることが分かります。

 当社はこのような大型試験設備の設計から製作まで一貫して対応しております。

【火力給水処理試験設備の完成予想図】 【電気新聞(4月28日付7面)】
電中研受注設備完成予想図 電気新聞4月28日記事
PAGE TOP