December 18, 2018 NEW TECH

日刊工業新聞にて金属3Dプリンター造形品の評価に関する記事が紹介されました

 日刊工業新聞2018年12月14日号にて、当社が取り組んでいる金属3Dプリンターにより製作された造形品に対しての分析評価に関する記事が紹介されました。

 金属AM(Additive Manufacturing, AM)技術は、鋳造や鍛造では製作困難な製品が造形可能です。現在では鋳造並みの引張強度が得られ、一部では実用化にも至り、ますます応用が広まることが予想されています。

 当社では民間試験場として、数多くのAM造形品や粉末の各種試験・データ採取を行っています。その蓄積されたノウハウから、お客様のご要望や目的にあった評価方法をご提案しております。
 この一例を当社リーフレットで紹介しておりますのでご覧ください。

※ クリックすると拡大します
※ ①著作権者及び掲載元の株式会社日刊工業新聞(日刊工業新聞)より転載許可取得済
※ ②当社リーフレット
※ 無断転載厳禁

①日刊工業新聞2018年12月14日号 ②当社リーフレット
日刊工業新聞12月14日号 Material3DPrinter12月14日号
PAGE TOP