ご挨拶GREETING

 当社は試験片加工の専門業者としてスタートし、その後、材料試験、化学分析と事業の範囲を広げて参りました。2015年8月1日には株式会社神戸工業試験場ならびに株式会社湊川金属テストピース製作所、ツルイ化学株式会社の三社を統合し、総合的な受託試験・分析会社として、更なる飛躍を目指して新たな歩みを始動いたしました。

 私共は、創業以来70年を超える歴史の中で培ってきた技術力やノウハウをベースに、幅広い分野での課題解決に取り組み、航空・宇宙、エネルギー、自動車、ライフサイエンスなど日本の基幹産業を技術支援という形で支えてきました。

 今後、グローバル化が進み、企業間競争は日々厳しさを増す中で、ものづくり企業は技術力強化、新製品開発力が常に求められています。激しい技術革新の中で、皆様のご要望にお応えするために、当社はマテリアルの世界を様々な角度から探求して、お客様の研究活動を支援することにより社会の発展に貢献していきたいと考えております。

 安心、安全がより一層求められる社会において、当社は「世界に認められた品質保証体制」「追跡可能な一貫受託試験システム」「独立資本による第三者機関」を経営の柱として、「世界一信頼性の高いデータを顧客に提供することで、顧客に喜びと感動を与え、社会に貢献する」ことをモットーに、世界一の研究支援企業を目指して邁進して参ります。

 これからも一層のご支援をたまわりますよう心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 / 鶴井 昌徹

会社概要COMPANY PROFILE

会社名 株式会社神戸工業試験場
所在地 〒675-0155
兵庫県加古郡播磨町新島47-13
連絡先 TEL: 079-435-5010 / FAX: 079-435-5335
設立 1950年(昭和25年)3月
代表者 鶴井 昌徹
資本金 5,000万円
従業員数 392名(2018年4月現在)
事業内容
各種試験片の加工
試験用試験片の設計・製作
特殊機器装置類の設計・製作
各種強度特性試験とその解析
各種金相試験とその解析
構造物・部材等の健全性・寿命評価等
研究及び開発支援技術者の派遣
各種化学分析と機器分析
各種材料の物性特性と形態分析
プラント類の水質管理・腐食試験
環境測定
主要取引先
防衛省技術研究本部
宇宙航空研究開発機構※
科学技術振興機構※
産業技術総合研究所※
日本原子力研究開発機構※
量子科学技術研究開発機構※
物質・材料研究機構※
兵庫県立工業技術センター
(一財)電力中央研究所
(公財)鉄道総合技術研究所

※国立研究開発法人
㈱ IHI
アイシン精機 ㈱
いすゞ自動車 ㈱
川崎重工業 ㈱
関西電力 ㈱
九州電力 ㈱
キャタピラージャパン ㈱
㈱ 原子力安全システム研究所
㈱ 神戸製鋼所
新日鐵住金 ㈱
スズキ ㈱
住友重機械工業 ㈱
大同特殊鋼 ㈱
ダイハツ工業 ㈱
中国電力 ㈱
中部電力 ㈱
㈱ デンソー
東京電力 ㈱
㈱ 東芝
東北電力 ㈱
斗山重工業㈱
トヨタ自動車 ㈱
豊田通商 ㈱
日産自動車 ㈱
㈱ 日本製鋼所
日本鋳鍛鋼 ㈱
パナソニック ㈱
日立GEニュークリア・エナジー㈱
㈱ 日立製作所
日立造船 ㈱
日野自動車 ㈱
富士重工業 ㈱
富士電機 ㈱
㈱ 本田技術研究所
三菱自動車工業 ㈱
三菱重工業 ㈱
三菱電機 ㈱
三菱重工機械システム株式会社
三菱日立パワーシステムズ ㈱
日立金属MMCスーパーアロイ㈱
㈱ 日立パワーソリューションズ
㈱ UACJ
大阪大学
鹿児島大学
九州大学
京都大学
神戸大学
千葉工業大学
東京大学
東北大学
兵庫県立大学
福井大学
室蘭工業大学
立命館大学

など

理念・将来へ向けた取り組みPHILOSOPHY

企業理念
企業理念

経営理念

従業員尊重

KMTLは従業員が尊重され、公平に扱われ、意見を尊重され、ともに参画していると感じることを望む

和を重視

KMTLの業績評価は個人ではなく、全員の成果に基づく

市場原理と競争原理の浸透

KMTLは継続的なシェア拡大を追求する

顧客第一主義

KMTLはカスタマーのために存在する

バランスの取れた経営

KMTLは株主だけでなく、消費者、顧客、取引先、従業員、地域社会にバランスよく配慮した経営を行う

  • 取り組み1 技術展開

  • 取り組み1 技術展開

  • 取り組み1 技術展開

沿革OUTLINE

1947年(昭和22年) 神戸市長田区に鶴井商店創業
1950年(昭和25年) 神戸市長田区にて湊川金属有限会社を設立
1961年(昭和36年) 株式会社湊川金属テストピース製作所に改組
1963年(昭和38年) 兵庫県加古郡播磨町に土山工場開設
1967年(昭和42年) 材料試験業務の受託開始
1968年(昭和43年) 材料試験業務を分離し、株式会社神戸工業試験場を設立
1979年(昭和54年) 兵庫県加古郡播磨町新島に試験場を開設
1980年(昭和55年) 防衛庁技術研究本部より資格審査A級の認定を受け、テストピース加工の受託開始
1981年(昭和56年) 超大型放電切断機(切断巾1,300m/m)を㈱三協エンジニアリングと共同開発(国産初)
1985年(昭和60年) 化学分野進出を目的としてツルイ化学株式会社を設立
試験片供養塔を新島試験場内に建立
1986年(昭和61年) 機器部門を設け、核燃料棒搬送装置を製作
1987年(昭和62年) 東京上野に東京営業所を開設
1990年(平成2年) 茨城県日立市留町に茨城事業所・茨城営業所を開設
1994年(平成6年) General Erectric社がIndependent Laboratoryとして当社を登録
1995年(平成7年) 茨城事業所に加工工場が完成し、加工業務開始
1996年(平成8年) ISO 9002の認証取得 試験研究支援サービス部門として日本初
1998年(平成10年) FQA試験所の認定取得 民間企業としてわが国唯一の第三者試験所登録機関に
1999年(平成11年) 工業標準化法に基づく民間の第三者試験所(JIS試験所)として通産大臣より認定
2001年(平成13年) JIS法に基づく試験所認定制度の認定区分に化学品分野(高分子材料)の試験を追加
2002年(平成14年) ISO 9001への拡大審査を受審し認証取得
2002年(平成14年) 愛知県名古屋市に名古屋営業所を開設
医療機器製造業許可取得(許可番号 28BZ6006)
2004年(平成16年) 東京都台東区東上野に東京営業所を移転
2005年(平成17年) JIS Q 9100(航空宇宙産業向け品質マネジメント規格)を認証取得
2006年(平成18年) Nadcapの材料試験所として認定取得(日本のラボ初)
2007年(平成19年) 創業60周年
第一種医療機器製造販売業許可取得(28B1X00013)
2008年(平成20年) KMTLエッジテック㈱設立
大阪中小企業投資育成㈱から増資を受ける
合同会社シンクロトロンアナリシスLLCを設立、放射光分析事業に着手
2010年(平成22年) ツルイ化学株式会社創立25周年
茨城事業所設立20周年
2011年(平成23年) ツルイ化学 ISO 9001を認定取得
2012年(平成24年) GE S-400 Transportation Aviation から特殊工程(材料試験分野)認定更新
2015年(平成27年) 福岡市博多区に九州営業所を開設
ボーイング社からD1-4426認定事業者(MTL)の認証取得
㈱神戸工業試験場、㈱湊川金属テストピース製作所、ツルイ化学㈱が合併、新生「株式会社神戸工業試験場」として発足
2017年(平成29年) 創業70周年
Nadcap 非金属材料試験(NMMT)機械試験の認定を日本で唯一取得(2017年8月現在)
茨城県日立市留町に茨城事業所日立南試験所を開設

営業所SALES OFFICE

営業本部・神戸営業所

〒675-0155
兵庫県加古郡播磨町新島47-13

TEL: 079-435-5010
FAX: 079-435-5335

東京営業所

〒110-0015
東京都台東区東上野4-10-3
ASANOビル 101
TEL: 03-3843-5691
FAX: 03-3843-5690

茨城営業所

〒319-1231
茨城県日立市留町1270-60
(日立南部工業団地内)     

TEL: 0294-28-0112
FAX: 0294-53-8156

名古屋営業所

〒465-0025
愛知県名古屋市名東区上社4-104-1

TEL: 052-701-7017
FAX: 052-701-7078

九州営業所

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前1-5-1
博多大博通ビルディング12F
TEL: 092-260-1420
FAX: 092-260-1430

事業所SERVICE OFFICE

管理本部

〒675-0155
兵庫県加古郡播磨町新島47-13

TEL: 079-435-5009
FAX: 079-437-9397

播磨事業所

〒675-0155
兵庫県加古郡播磨町新島47-13

TEL: 079-435-5010
FAX: 079-435-5335

技術開発部

〒675-0155
兵庫県加古郡播磨町新島47-13

TEL: 079-435-5044
FAX: 079-435-7487

土山工場

〒675-0158
兵庫県加古郡播磨町北野添1-12-2

TEL: 078-943-0371
FAX: 078-949-3811

茨城事業所
日立南試験所

〒319-1231
茨城県日立市留町1270-60
(日立南部工業団地内)

TEL: 0294-53-9111
FAX: 0294-53-2500

茨城事業所
日立南工作所

〒319-1231
茨城県日立市留町1270-16
(日立南工業団地内)

TEL: 0294-53-2502
FAX: 0294-53-9388

化学試験部

〒676-0008
兵庫県高砂市荒井町新浜2-1-1
三菱重工業株式会社総合研究所高砂内

TEL: 079-443-0716
FAX: 079-442-7087

             

東北大学
サテライトラボ

〒980-8579
仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40

業務提携先PARTNERS

Cetim

フランス最大の国営研究機関

コンプライアンスの取り組みCOMPLIANCE

当社はKMTLグループとして法令や社会的規範の遵守を徹底しております。



基本方針

 KMTLグループはコンプライアンスを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、コンプライアンスの不徹底が経営基盤を揺るがすことを強く認識し、全ての役員、社員は業務遂行に当たり諸法規及び社内諸規程を遵守すると共に、社会規範に沿った責任のある行動をとり、不正な方法による利益の追求を行ないません。誠実かつ公正な企業活動を遂行するよう努めております。


1.基本的使命

 独立資本による第三者機関として中立公正な立場で総合的な分析・試験研究会社として社会的責任を果たします。


2.法令やルールの厳格な遵守

 法令やルールを厳格に遵守し、企業倫理・社会通念を逸脱することのないよう公正かつ堅実に行動します。


3.反社会的勢力の排除

 社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力を許さず、毅然とした態度で臨むことで健全な地域社会づくりに寄与します。


4.働きやすい職場づくり

 労働関係法令を遵守し、社員の多様性、人格および個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保します。


5.ハラスメント(嫌がらせ)の禁止

 セクシャルハラスメントやパワーハラスメント、マタニティハラスメント等の社員研修などを通じて、より良い職場環境を作るよう努めます。




一般事業主行動計画ACTION PLAN

 神戸工業試験場は、次世代育成支援対策推進法および女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づき、「一般事業主行動計画」を公表します。



次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

1.「次世代育成支援対策推進法」とは

 「次世代育成支援対策推進法」は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を図ることを目的とした法律です。


2.一般行動事業主計画

 次世代育成支援対策推進法に基づき、全従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むにために策定する計画です。
 当社は、この法律に基づき「一般行動事業主計画」を策定しました。(内容は下記リンクからご覧ください)
・次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画




女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画

1.「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」とは

 「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」は、女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備することを目的とした法律です。


2.一般行動事業主計画

 女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する状況把握、課題分析を踏まえ、女性の活躍推進のために策定する計画です。
 当社は、この法律に基づき「一般行動事業主計画」を策定しました。(内容は下記リンクからご覧ください)
・女性活躍推進法に基づく行動計画



環境方針ENVIROMENTAL POLICY

     

当社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題の一つであることを認識しております。当社事業の柱である、材料試験片加工・各種材料試験・化学分析業務を中心に、企業などの研究活動・新製品の創出を支援し、科学技術ひいては社会の発展に貢献することを経営理念として、事業活動の全分野で省資源・省エネルギーおよび自然環境保護に積極的に取り組み、地域と社会への貢献を目指して積極的に活動します。

1
当社の事業活動、製品及びサービスが、地域社会及び地球環境に影響する負荷を認識し、技術的・経済的に可能な範囲で環境管理活動を推進するとともに、定期的な見直しを行い、継続的な改善を図ります。
2
製品の設計・製造、新営設備・装置の導入及びサービスの各段階において、環境への影響を配慮し、環境汚染の予防に努めます。
3
環境関連の法規・条例、顧客要求環境基準値、及び自主基準値などを遵守します。
4
事業活動により生じる環境負荷を低減するために、以下の事に努めます。
1 省エネルギー
2 廃棄物の削減及びリサイクル
3 水質の汚染量低減
4 環境負荷物質の全廃及び削減
5
この環境方針は、全従業員に対し周知・徹底し、当社における環境意識を高めます。
6
この環境方針は、社内外に公開します。

公的研究費の管理・監査体制audit policy

 

不正使用防止に関する基本方針

 

 当社では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に基づき、公的研究費の不正使用根絶に向けて、不正使用を誘発する要因を除去し、抑止機能を有する環境・体制の構築を図るために必要な事項を定め、以下の取り組みを行っていきます。

 ・責任体系の明確化
 ・適正な運営・管理の基盤となる環境の整備
 ・不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施
 ・研究費の適正な運営・管理活動
 ・情報の伝達を確保する体制の確立
 ・モニタリングの在り方

   

管理・運営体制

 公的研究費の運営および管理に関わる各責任者の役割、責任の所在・範囲を、以下の通りに公表します。
最高管理責任者 統括管理責任者 コンプライアンス推進責任者
会社名 機関全体を統括し、競争的資金等の運営・管理について最終責任を負う。 最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の運営管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。 機関内の各部署における競争的資金の運営管理について実質的な責任と権限を持つ。
神戸工業試験場 代表取締役 管理本部長 総務部長・経理部長・技術開発部長
   

行動規範

 公的研究費を使用する上で、公的研究費の運営・管理・使用に関わる従業員としての行動の指針を、以下の通りに公表します。

 ・公的研究費の使用に関する行動規範

 ・研究データの保存等に係る方針

   

不正防止計画

 不正を発生させる要因に対応した具体的な不正防止計画を策定し、実効性のある対策を実施しています。

 ・不正防止計画


   

相談および通報窓口

 公的研究費に関して、下記の相談、通報告発窓口を設置しています。

   
<公的研究費に関する相談および通報窓口>

株式会社神戸工業試験場 管理本部内 コンプライアンス推進責任者(総務部長)
 住 所 :〒675-0155 兵庫県加古郡播磨町新島47-13
 T E L : 079-435-5009(受付時間: 平日 8時15分~17時15分)
 F A X : 079-437-9397
 E-mail :info@kmtl.co.jp


※留意事項

 公的研究費の不正使用または研究活動における不正行為に関する通報にあたっては、次の事項について確認させていただきます。

 ・通報者の氏名、連絡先
 ・研究活動における不正を行った者の氏名、その研究内容
 ・研究活動における不正の様態
 ・研究活動における不正とする根拠


 お伝えいただいた個人情報は、上記目的以外には使用することはございません。
 なお、匿名でも通報は受け付けます。その場合は、書面郵送によるご連絡をお願いいたします。


不正な取引に対する処分

 不正な取引に関与した業者については、以下に示す「取引に関する基本事項」に基づき、取引停止等の措置を講じます。

 ・取引に関する基本事項


   

公的プロジェクトPROJECT

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
採択年度 機関名事業名・テーマ名
2008年 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)高温アルカリ処理を用いる有機性汚泥減容化システムの調査研究
2008年 独立行政法人 科学技術振興機構ミニチュア試験片を用いた高温強度部材の低サイクル疲労寿命評価法の開発
2008年 神戸市筋ジストロフィー疾患のための筋力トレーニング機器
2008年 神戸市人工椎間板の開発
2009~2010年 関東経済産業局リアルタイム発生ガス分析システムの開発
2010年 神戸市人工椎間板取付治具の開発
2009~2010年 独立行政法人 科学技術振興機構超低被ばくデジタルX線撮像装置の製品化研究
2010年 神戸市頚椎前方固定術に用いる頚椎前方用ディストラクター及び頚椎前方手術用スプレッダーの開発
2010年 神戸市椎間板スペーサーの製品化開発
2010~2011年 兵庫県サブミリサイズ試験法の確立-サブミリサイズクリープ試験機の開発
2010~2012年 関東経済産業局ソフトイオン化質量分析のためのデータ解析ソフトウェアの開発
2011年 神戸市脊椎骨棘突起固定用プレートの開発
2012年 神戸市機械金属工業会CBTペデイクルスクリューの開発
2012年 千葉県ものづくり分析データ処理の高度化における共通プラットフォームの開発
2013年 経済産業省 近畿経済産業局プラント設備狭隘部対応用の放電サンプリング装置機能開発
2013年 神戸市腹腔鏡下肝切除における止血のための肝十二指腸間膜クランパーの開発
2013年 東京都ものづくり強度・疲労試験と化学分析に係る研究開発/情報機能集約型ラボへの設備投資
2013年 兵庫県ものづくりエネルギー・航空機に使用される材料の試験片精密加工技術の確立
2013年 兵庫県ものづくり測定計測技術向上による樹脂製品の強度・化学評価試験のワンストップ提供
2014~2018年 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)革新的設計生産技術
リアクティブ3Dプリンターによるテーラーメイドラバー製品の設計生産と社会経済的な価値供創に関する研究開発
2014~2015年 兵庫県腹腔鏡下肝切除術における肝十二指腸間膜の血流を間欠的に遮断する把持器具(グランパー)の開発
2015年 兵庫県ものづくり材料試験片寸法検査装置導入による計測精度の向上とリードタイムの短縮
2015年 神戸市腹腔鏡下手術において、大腸にできた漿膜表面露出がんを隔離し、安全に切除、体外へ摘出するための被膜カバーの開発
2015年 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)再生可能エネルギーを用いた省エネルギー型水素昇圧システムの開発
2016~2018年 関東経済産業局戦略的基盤技術高度化支援事業
サイレントチェンジ対策/スクリーニング分析用質量分析装置・技術の開発研究
2016~2017年国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発
再エネ出力制御対応水素製造及び熱化学昇圧と街区における水素利用マネジメントの技術開発
2016年 兵庫県ものづくり日本初のクリープ試験へのIoT導入による生産性向上
2016~2017年 兵庫県廃熱を用いた省エネルギー型水素昇圧システムの耐久性・熱交換性能の向上
2017~2019年 中部経済産業局 戦略的基盤技術高度化支援事業
高効率航空機エンジン向けSiC/SiC複合材料製造工法の開発
2017年 兵庫県ものづくり 平成28年度補正/革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金
特殊素材の耐衝撃試験のための試験設備導入による生産性の向上
2018年 独立行政法人日本学術振興会 平成29年度科学研究費助成事業/学術研究助成基金助成金
高圧水素環境下で使用が期待される析出強化材のせん断疲労破壊メカニズムの解明
 

試験片供養塔MEMORIAL TOWER

-銘-


 明治以来日本の工業発展の為、試験片は何千何億と数限りなく作られてきた。どんなに精魂込め立派に作られても、試験が済めば一個の鉄屑として捨てられる儚い運命である。これを供養する事は私の感謝と報恩の気持ちであり永年の悲願であった。依って此の地に試験片供養塔を建立し併せてこれに携わる人々の幸福を祈念する。

昭和六十年十月吉日
鶴井 達男 建之