June 04, 2020 NEW TECH

超高温環境におけるCMC材料の強度評価についてご紹介

 この度、超高温環境におけるCMC材料の強度評価についてリーフレットを作成しましたのでご紹介いたします。

 近年、航空宇宙分野を中心に、セラミック基複合材料(CMC; Ceramic Matrix Composites)の研究ニーズが高まっております。

 CMC材料は、セラミックをセラミック繊維で強靭化した素材で、軽量で耐熱性が高いという長所を持っております。特にこれまで金属材料では使用できなかった1500℃級の超高温環境へ適用できる可能性を秘めているため、当該温度域での材料試験が要求されています。しかし、1500℃・大気環境中での物性評価というのは従来の材料評価ではほとんど実績のない未知の領域でした。

 そこで今回、㈱神戸工業試験場(KMTL)では1500℃まで昇温できる特注の専用電気炉および治具を導入いたしました。
 本資料では、KMTLにおける超高温環境中CMC材料の材料試験状況をご紹介いたします。

※ クリックすると拡大します
※ 無断転載厳禁

当社リーフレット_表面 当社リーフレット_裏面
StrengthTest_CMC1 StrengthTest_CMC2

お問い合わせについて

本件に関するお問い合わせは、こちら からお願いします。


PAGE TOP