March 27, 2018

(日本語) JIS Q 17043 認定機関による技能試験の提供
(金属の機械試験)

Not Available For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.


第3回「金属及びファスナーの引張試験及びロックウェル硬さ試験」

技能試験 参加試験所の募集

1. 主催

KMTLエッジテック株式会社 (技能試験提供者 認定番号:PTP00040)
                (クリックすると認定証が表示されます)

2. 要旨

 KMTLエッジテック株式会社(KMTL-ET)では、JIS Q 17043(ISO/IEC 17043)に従って技能試験スキーム提供業務を実施しています。

 技能試験は、試験所が適切な試験データを提供できる能力を持つことを実証するために有効な手段です。試験所等が試験所認定を取得または維持するため、技能試験の参加結果は技術能力の根拠の一つとして使用されます。

 技能試験は、試験所認定の取得または維持のためだけに有効なのではなく、試験所等の品質管理や改善にも役立ちます。例えば、技能試験に参加して外部と比較することによって、自社の試験結果が偏りやばらつきを持っていることに気が付くことがあります。 JIS Q 17025(ISO/IEC 17025)による試験所認定を受ける場合、ISO/IEC 17043認定を受けている技能試験提供者が提供する技能試験に参加することを優先されています。

上記理由から、試験業務に携わる関係各位の積極的なご参加をお薦め致します。

3. 試験の手順

 各試験項目につき、年1回の試験を行います。次年度からは自動的に継続参加となり、参加の中止または変更の場合のみご連絡いただくシステムとなっております。

 技能試験は、まず均質な試料(2個または2組)と試験要領書を配付致します。参加される各試験所はJIS法及びISO法その他適切な方法で測定された結果をKMTL-ETにご報告いただきます。KMTL-ETにて、各試験所のデータは統計計算された後、参加試験所へ報告書がメールで送付されます。

4. 日程(2018年度)

・新規参加申し込み期間:随時(2018年度参加締切:2018年5月31日
 ※期限後の申し込みは次年度分として受付(2年目から自動継続)
 【注記】前年度参加試験所は申し込み不要です。
     但し、今年の試験所番号のご案内からスタート致します:2018年5月下旬~6月上旬

・技能試験用試料の配付:2018年8月23日
 ※試料準備の都合で若干前後する可能性がございます

・試験結果の報告締切日:2018年10月4日(必着:メール)
 ※期限後の報告は、統計計算から除外致します

・最終報告書の発行予定日:2018年12月6日

5. 対象事業所

機械試験を業務とする全ての試験所

6. 目的

参加試験所における技能レベルの確認と試験技能の向上に資する役割を果たす。

7. 試験項目

金属及びファスナーの引張試験及びロックウェル硬さ試験

※ただし、各試験の参加数が少数(15試験所未満)の場合は、中止致します。
 《参考:第1回、第2回はボルト試験は中止と致しました》

8. 外部委託する業務

素材の準備・試験片加工・均質性確認用試験・発送準備

9. 結果報告の内容

報告書は、JIS Q 17043で推奨された次のような統計処理が行われ結果が評価されます。

① 全体の平均値及びばらつき(標準偏差)などの表示(ロバスト法及び従来法などによる統計処理)
zスコアバーチャート、ユーデン(Youden)図などによる、貴試験所の全体にしめる位置を表示

 試験所名は番号で表示されます。従って、各試験所の試験結果に対してトレーサビリティが確保されているかどうか知ることが出来るとともに、試験結果全体のどこに位置するかが分かります。一方、他の試験所に貴試験所の結果が知られることはありません。KMTL-ETには守秘義務があるため、試験結果が外部に漏洩することはありません。ただし、最終報告書の内容は、規制当局の要求に応じてその全て又は一部を提供又は掲載することがあります。

KMTL-ETが実施する当技能試験はJIS Q 17043に従うものであります。

10. 募集受付試験所数

・金属引張試験:15社~100社
・金属HRC  :15社~60社
・ボルト引張 :15社以上
・ボルトくさび引張:15社以上
・ボルトHRC :15社以上

11. 参加申込み方法

 15項の申込用紙をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、下記e-mailアドレスへ、エクセルファイルとともにお申込みください。折返し、受付完了と試験所番号のご連絡を5月下旬~6月上旬に致します。

12. 送金方法

 参加料は試験所番号ご連絡時に請求書を同封致しますので、指定の口座に期限までにお振込ください。振込手数料はご負担ください。なお、参加料の返金は致しませんのであらかじめご了承ください。

13. お問い合わせ先

〒675-0155 兵庫県加古郡播磨町新島47-13
KMTLエッジテック株式会社 技能試験推進部(金属の機械試験) 担当:市橋

TEL・FAX:079-435-5032
e-mail:kmtl-et-pts@kmtl.co.jp
受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日・GW・年末年始・夏季休暇中を除く)
(内容により、お返事を差し上げるまでにお時間を頂く場合や弊社からお返事させていただくことが適当でない場合にはお返事を差し上げられない場合もございますので、あらかじめご了承願います。)

※ご記入いただきました個人情報は、本技能試験推進業務(受付管理台帳、ご案内等)にのみ使用し、他の目的には一切使用致しません。

14. 試験の内容・頻度・費用

(1)丸棒引張試験

・2本の丸棒(φ22×約300mm:2種類の材料)が支給されます。
・試験片は平行部をJIS14A号φ10に加工(掴み部は任意)し、試験はJIS Z 2241によります。
・加工及び試験方法は、基本的にはJIS規格を基準としますが、その他の規格を含め、規格内で各試験所が通常実施されている方法を推奨致します。
・試験片は前もってKMTL-ETの契約試験所で均質性確認用試験が行われます。
・試験項目:①引張強さ、②0.2%耐力、③破断伸び、④絞り
・試験項目は、全項目を報告する必要はなく、試験所の目的に応じて任意の項目のみ(例えば、①引張強さのみ)の報告も可能です。

コード番号 品種 試験法 試験頻度 1回当たりの費用
(税別・送料込み)
MT1 炭素鋼・低合金鋼(丸棒)
(全長:約300mm)
JIS Z 2241 1回/年 ¥60,000
MT2 A 炭素鋼・低合金鋼(加工品)
(掴み部:M16×P2.0、全長:約130mm)
¥66,000
B 炭素鋼・低合金鋼(加工品)
(掴み部:φ20、全長:約300mm)
¥66,000
C 炭素鋼・低合金鋼(加工品)
(MT2 Bの全長>300mm(350又は400mm))
¥72,000
 *掴み部:ねじ形状M16×P2.0(全長約130㎜)又はチャック用φ20(全長約300㎜) → 申込時選択
      特殊長さの試験片は、別途ご相談させていただきます。

(2)ファスナー引張試験

・BT1及びBT2とも、2種類のボルト試験片(各3本)が支給されます(M12×50×30、P1.25)。
・試験片は前もってKMTL-ETの契約試験所で均質性確認用試験が行われます。
・試験はJIS B 1051 9.1及び9.2によります。
・試験項目:①極限力試験、②破断位置

コード番号 品種 試験法 試験頻度 1回当たりの費用
(税別・送料込み)
BT1 炭素鋼・低合金鋼
(ボルトの引張試験)
JIS B 1051 9.2 1回/年 ¥60,000
BT2 炭素鋼・低合金鋼
(ボルトのくさび引張試験)
JIS B 1051 9.1 ¥60,000

(3)ロックウェル硬さ試験

・MR1は、2種類の試料(25~40mm径×L10~15mm)が支給されます。
・BR1は、引張試験と同一ロッドの2種類のボルトが支給されます。
・試験片は前もってKMTL-ETの契約試験所で均質性確認用試験が行われます。
・試験回数など詳細については別途要領書が配付されます。
・測定はJIS Z 2245またはJIS B 1051 9.9によります。

コード番号 品種 試験法 試験頻度 1回当たりの費用
(税別・送料込み)
MR1 炭素鋼・低合金鋼
(金属一般)
JIS Z 2245 1回/年 ¥60,000
BR1 炭素鋼・低合金鋼
(ボルト)
JIS B 1051 9.9 ¥60,000

15. 関連文書

・技能試験申込書(Excel)
・試験要領書(金属一般引張試験)(pdf)
・試験要領書(金属一般硬さ試験)(pdf)
・試験結果報告用紙(excel)

※弊社HPからダウンロードしたExcelファイルが開けない時の対処方法


PAGE TOP